情報弱者をターゲットにする情報商材が批判される理由「アメブロATMシステム」

木梨です。

 

本日のテーマは、情弱者向けの情報コンテンツについてです。

 

「もっとまともな切り口にすれば、長く売れ、愛される商品になるのに」

 

そう感じる事は、この業界を見渡していれば、よく感じるところです。

 

情弱者をターゲットにする即金色の強い情報商材。

 

まず、「楽して簡単」を主張する情報商材は、いつの時代でも
健在ですが、例外なくその大半が批判の的になっています。

 

確かに初心者層や、失敗と称して何度も情報商材を買い漁る人を
対象として、甘い夢を抱かせてお金を払わせる手口は、
情報業界でも一番簡単な部類に入ると思うのです。

 

しかし、楽や簡単を打ち出しても、まず理論的に
ネットで稼ぐ為に「楽して放置」を最初から実現させるような、ビジネス
スキームは、存在しないのです。

 

せいぜいギャンブルで運があれば、というレベル程度で
そういったものなら、パチンコや賭け麻雀でも、していれば良い話です。

 

自動を謳い 楽と稼げるを主張するツールの事例【アメブロATM】

 

そこで今回は、こちら⇒アメブロATMシステム というものについて
触れてみる事にしたのです。

 

まさに典型的な事例で、情弱層を対象としたセールスページですが
正直言うと、この手のものは、完全な集客ツールであるために

使いこなせない人に嘘と適わない希望を与えて売るか

あるいは、

使いこなせる人に、徹底的に活用して貰うか。

 

目先の利益しか考えないマーケッターは、間違いなく
前者を選び煽り売りする事を考えて、結果的に商品の質を下げるだけです。

まさに目先だけの一時的な利益のために、販売者の信用も損なうケースです。

 

ツールでも、ノウハウでも、活かしてくれる人や価値の分かる人を対象にして
販売戦略を立てる方が、長期的にお金の入る仕組みを構築する事ができるのです。

 

しかし、こういう事に気付いてないマーケッターは、目先の
自己利益の為だけに、簡単や落差を追及するものを作り、そのページに
価値を抱いた人は、当然ですが、ガッカリする結果になるのです。

 

どれだけ簡単さを追求しても結果的に、そういうものは
ちょっとした風評で一瞬で信用を無くし売れなくなるのです。

つまり、「叩きどころが無いもの」を目指して作る事が一番なのです。

楽して稼ぎたい人からすれば、批判のでるもの。

ある程度の苦労や実力のある人を対象にして販売するもの

これらを比較すれば、後者の方が購入者に価値を感じて貰えるのです。

 

「どういう属性の人を対象にするのか」これは、とても重要な事なのです。

 

例えば、オレンジジュースが好きな人にオレンジジュースを偽ってグレープジュースを
入れるのと同じです。

これは、「飲めばすぐに分かる事」です。

 

グレープジュースは、グレープジュースが好きな人に提供する方が
良い事は、言う間でもありませんし、違うものを提供する事で、
来るのはクレームだけ。

ビジネスの本質から言うと私には、理解が難しい世界です(笑)

 

尚、今回の話題で一例として取り上げたのは、こちらの教材です。

 

販売者 サムライマーケティング 高野明

 

販売ページURL http://samurai-marketing.co.jp/owner/

 

木梨の記事はこちらです。是非読んでみて下さい。⇒http://bageki0124.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

 

 

 

 

現在無料レポートなども配布しています。
↓↓↓


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人木梨信也


管理人木梨信也

完全匿名活動のアフィリエイター活動
情報商材や塾コンテンツのプロモーターをしています。

物販アフィリエイト
アドセンス
情報商材アフィリエイトを得意とする。

2012年10月
情報商材業界参入

2013年2月 
情報商材アフィリエイト報酬200万円達成

2013年12月
情報商材アフィリエイト月収250万円達成と同時にプロモーターを開始

2014年5月
月収400万達成


アフィリエイト実績の一部
インフォトップというASPでも
月収240万円を達成しています。


プロモーター、アフィリエイト報酬を含めて500万円を達成。



木梨のプロフィールを見る

このページの先頭へ