中村和也の最先端LINEビジネス講座に参加して自信喪失

木梨です。

 

本日紹介するのは、最先端LINEビジネスという情報商材。

 

私は集客に関しては、独自で学ぶ事と、自分で情報や塾に

お金を費やして学んでおります。

 

そこで今回もLINEという最近流行りの

コミュニケーションツールを使う集客方法を少し知りたいと思って

こちらのコンテンツに参加をしてみました。

 

最先端LINEビジネス講座

 

 

無料オプトインの流れ

http://platonic1000.xsrv.jp/line_lp/

http://platonic1000.xsrv.jp/site/?p=49

販売ページ

http://sense11.biz/l/m/VOt7DHpBKWNewV

住所

特定商法の住所 東京都港区港南3-7-3セレーノ品川410

 

それでは、この最先端LINEビジネスが、どういうものか、説明します。

 

 

序盤でやる気を消失してしまったわけですが

どうも中高生、下手をすれば小学生を相手にして

「スタンプ」を餌にして、興味を惹かせて

情報拡散に協力をしてもらうというのが一つの方法です。

 

 

LINEのスタンプと言えば価格は、

最安で130円で購入できるようですが、

この130円で中高生を中心に活発に情報拡散を

して貰いましょう…と言う内容です。

 

 

結果的には、自分のブログなどに誘導をして、

アプリダウンロードなどの報酬を獲得するという流れです。

 

 

しかし元となるLINEの一つながりはどのように構築していくのか?

これについて説明します。

 

実際にどうやってLINEで集客を行うのか?

 

本来は、どのようにするのか分かりませんが

今回のLINEビジネス講座では、販売者側の人間が

参加者のところに人を連れてくるので、どんどん

スタンプを連れてきた人に配ってコミュニケーションを

図り、さらにスタンプを餌に情報拡散して貰おうと言う流れです。

 

 

いずれも私には、この行為そのものに抵抗を感じて

始めませんでしたが、こういったLINEのノウハウが発端で

社会問題に繋がっている可能性も低くない筈です。

 

 

少なくとも、中高生相手の集客は気が惹けるので

第二章に進みましたが、今度は「暇トーク」

「スマとも」「ラインなう」「チャットの社」

「ぎゃるる」「かまちょ」などの知らない人同士の

アプリを活用するみたいです。

 

 

この時点で、同じくやる気消失。

結果的には、同じくスタンプの登場も出てくるわけですが

交流を取り、教育して、ネットビジネス系の話題を

教え込み、情報商材を買わせましょうというのがオチです。

 

 

つまり仲良くなって距離を縮めて、セールスすると言う、

定番のDRMのノウハウです。

 

 

流れとしてこんな感じですが、セールスページのように

稼げる雰囲気はありませんでしたが、確かに

1万円のアフィリエイト報酬のものを100本売れば、100万円。

 

 

しかし、あくまでも、憶測で例えの例で聞こえは良いものの

理屈上は、私は到底難しいと思います。

 

最後まで購読して頂いて、有難うございました。

現在無料レポートなども配布しています。
↓↓↓


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人木梨信也


管理人木梨信也

完全匿名活動のアフィリエイター活動
情報商材や塾コンテンツのプロモーターをしています。

物販アフィリエイト
アドセンス
情報商材アフィリエイトを得意とする。

2012年10月
情報商材業界参入

2013年2月 
情報商材アフィリエイト報酬200万円達成

2013年12月
情報商材アフィリエイト月収250万円達成と同時にプロモーターを開始

2014年5月
月収400万達成


アフィリエイト実績の一部
インフォトップというASPでも
月収240万円を達成しています。


プロモーター、アフィリエイト報酬を含めて500万円を達成。



木梨のプロフィールを見る

このページの先頭へ